FX-9000P

カシオパーソナルコンピュータ

FX-9000P

¥149,000

1981年発売
FX-9000P

’80年代先進のパーソナルコンピュータ
C/MOS-RAMパッケージと強力CA-BASICがパーソナルコンピュータを変えた

カシオFX-9000Pがパーソナルコンピュータのあるべき姿を体現しました。
先進のハードウェア
強力なソフトウェア

FX-9000Pの主な仕様
CPU Z80Aコンパチブル
プログラム言語 CA-BASIC(カシオ ベーシック)
メモリー ROM:12Kバイト(標準実装)
    :24Kバイト(最大拡張)
RAM:4Kバイト(標準実装)、
電源バックアップつきC/MOS-RAM:32Kバイト(最大拡張)
CRTディスプレイ スクリーン:5.5インチグリーン表示
表示能力:文字 32字×16行
      :グラフィック 256×128ドット
文字構成:8×8ドット
表示文字:英数字記号
カーソル
キーボード 配列:ASCII改良型 67キー
数字入力キー:10キー独立
ファンクションキー、画面編集キー
数の表現 浮動小数点
演算範囲 ±1×10-99~±9.99999999999×1099および0
有効桁数 仮数部12桁
行番号 各プログラムエリアにつき1~9999
マルチステートメント 可能
コマンド省略形 あり(コマンド省略形を使用するとメモリー節約および命令実行スピードアップになる)
書式指定出力 可能
ソフトウェア マニュアル演算機能 関数計算機能 統計計算機能 グラフィック制御機能
寸法 幅415、奥行430、高さ187mm
重量 7.2kg
動作電圧 100V±10%
消費電力 32W
動作温度 0~40℃
湿度 20~85%
1981年2月のカタログ参照


戻る

お問い合わせこちら