JR-200

ナショナルパーソナルコンピュータ

JR-200

標準価格 79,800円

1982年発売
JR-200

鮮やかな8色の画像と三重音のメロディを使って、ゲームや学習用として楽しめる家庭用パソコン。

楽しみながら創作ができるパソコンの世界

会話はBASIC言語
RAMメモリー32Kバイト
色信号が鮮やかな8色を設定
絵に合わせて和音演奏
プログラムを高速でSAVE、LOAD
64種のユーザ定義図形
あらゆる家庭用テレビ、CRTディスプレイに接続可能
用途に応じてシステムアップ可能
豊富なスクリーンエディタ機能
遊びも、本格派

誰でも使えるパソコンの新世代です

パソコンは想像力
パソコンはホームカルチャー
自作ゲームをプログラミング

定格
CPU メインCPU NM1800(6802相当)
サブCPU MN1544
メモリー ・ROM 16Kバイト実装
・RAM 32Kバイト実装
・ビデオRAM 2Kバイト実装
・キャラクタRAM 2Kバイト実装
キーボード ・方式 サブCPU転送
・キー 64キー、英数、グラフィック、カナ、ファンクションモード切換
ディスプレイインターフェイス ・方式 RGB同期分離方式
     コンポジットビデオ信号(カラー、白黒切換)
     RF変調方式(ch-1、2切換、カラー、白黒切換)
・画面構成 32文字×24行
・色指定 文字・バック共にキャラクタ単位で任意に色指定可能
      指定色は黒、青、赤、赤紫、緑、水色、黄、白の8色
・文字構成 6×7ドットマトリックス文字 192種
       8×8ドットセミグラフィック文字 64種
       8×8ドットユーザ定義文字文字 64種
カセットインターフェイス ・方式 FSK方式1,200Hz(スペース)、2,400Hz(マーク)
・ボーレート 600ボー、2400ボー切換
プリンタインターフェイス ・端子 セントロニクス標準
     専用プリンタ JR-P01 またはEPSON MP-80タイプIIIが使用可能
ジョイスティック 2本、本体に直結可能(アドコム電子(株)製ジョイスティック)
ミュージック ・仕様 5オクターブの音域で、3種のメロディを同時演奏可能
・出力 内蔵スピーカ(音量調整つき)及び外部出力端子付
プログラム言語 JR-200BASIC
定数 ・数値定数 整数形式 固定小数点形式
        浮動小数点形式 16進形式
・文字定数
演算 算術演算、比較演算、論理演算、関数、10-39~1038、9桁
コマンドと文 AUTO, BEEP, CLEAR, CLOSE, CLS, COLOR, CONT, DATA, DELETE, DIM, END, FIND, FOR~NEXT, GOSUB~RETURN, GOTO, HCOPY, IF~THEN, INITP, INPUT, INPUT#, LET, LFIND, LIST, LLIST, LOAD, LOCATE, LPRINT, MERGE, MLOAD, MON, MSAVE, NEW, ON~GOSUB, ON~GOTO, OPEN, PICK, PLAY, POKE, PLOT, PRINT, PRINT#, RANDOMIZE, READ, REM, RESTORE, RUN, SAVE, SOUND, STOP, TEMPO, VERIFY,
関数 ABS, ASC, COS, CHR$, EXP, FRE, HEX$, HPOS, VPOS, INT, LEFT$, LEN, LOG, MID$, MOD, PEEK, RIGHT$, RND, SGN, SIN, SPC, SQR, STICK, STR$, TAB, USR, VAL, VARPTR
電源 入力電圧 AC100V±10%、50/60Hz
消費電力 8W
寸法(高さ×幅×奥行) 56mm×348mm×208mm
重量 約1.7kg(本体)
付属品 録音ケーブル、RFケーブル
1982年9月のカタログ参照


戻る

お問い合わせこちら